« 収入が上がればもちろんやる気も出てくる | トップページ | 投資の世界で勝ち組に回るためにも »

2017年5月 4日 (木)

お金が貯まる人と貯まらない人の違い

貯蓄がしっかりできている人は、もともと収入が高いと思われがちです。しかし、年収が1000万円を超えるのに、貯金がゼロと言う人もいます。収入の多い少ないは関係ありません。では、お金が貯まる人と貯まらない人は、一体何が違うのでしょうか。

お金の習慣の差です。お金が貯まる人は、貯まる考え方や習慣を持っています。貯まらない人は習慣を知らなかったり、お金に無頓着であることが多いです。かつては、勤続年数に応じて給与は上がりました。しかし、今は違います。

給与アップに期待できない時代になりました。その一方で、税金や社会保障の負担は重くなっていきます。お金を貯めようと意識しなければ、お金は出ていく一方でしょう。お金が貯まる習慣を知ることが大事です。お金を貯めると言うと、ほとんどの人は節約を思い浮かべるでしょう。

もちろん、節約も大事なことです。しかし、収入を増やすことも重要です。最近は、インターネットのおかげで副業がやりやすくなりました。本業以外のことで収入を得ることも難しくなくなっています。株やFX、アフィリエイトやせどりはブームと言ってもいいでしょう。

自分合う方法で、収入を増やす努力をすることも大切です。

« 収入が上がればもちろんやる気も出てくる | トップページ | 投資の世界で勝ち組に回るためにも »